竹本健治ファン倶楽部 FC2_blog出張所

竹本健治のミステリと幻想文学を多方面から堪能する試み。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

小栗虫太郎著『人外魔境』

小栗虫太郎著
『人外魔境』
桃源社
昭和43年12月刊

Mar08509.jpg

※竹本健治に影響を与えた作家たちということになると、小栗虫太郎、夢野久作、中井英夫、埴谷雄高らが挙げられる。
このうち、中井英夫については、東京創元社から文庫版で中井英夫全集が出ているし、夢野久作については、少し前まではちくま文庫から夢野久作全集が出ていたので、ほぼ全作品が入手しやすい環境にあるといえる。
しかし、小栗虫太郎のほぼ全作品を捕捉しようとすると、桃源社版の小栗虫太郎シリーズまで遡らなければならないようだ。
とりあえず、ここでは桃源社版の小栗虫太郎シリーズに関する書誌データを、随時アップしてゆく。(教養文庫版の傑作選は、いつか紹介しても良いが、全作品の捕捉にはほど遠く、情報提供の必要性としては、桃源社の方が優先される。)これを基にすれば、小栗の全作品リストをつくることも容易になるはずである。

※収録作品。
『人外魔境』
第一話 有尾人(ホモ・コウダッス)
第二話 大暗黒(ラ・オスクリダット・グランデ)
第三話 天母峰(ハーモ・サムバ・チョウ)
第四話 「太平洋漏水孔(ダブックウ)」漂流記
第五話 水棲人(インコラ・バルストリス)
第六話 畸獣楽園(デーザ・バリモー)
第七話 火礁海(アーラン・アーラン)
第八話 遊魂境(セル・ミク・シュア)
第九話 第五類人猿(第五アンソロボイト)
第十話 地軸二萬哩(カラ・ジルナガン)
第十一話 死の番卒(セレーノ・モルト)
第十二話 伽羅絶境(ヤト・ジャン)
第十三話 アメリカ鉄仮面(クク・エー・キングワ)
解説 都筑道夫
スポンサーサイト

黒い水脈(2)小栗虫太郎について | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<小栗虫太郎著『成吉思汗の後宮』 | HOME | 「羊の王」(井上雅彦編 『幻想探偵』より)>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。