竹本健治ファン倶楽部 FC2_blog出張所

竹本健治のミステリと幻想文学を多方面から堪能する試み。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

竹本健治ファン倶楽部 FC2blog出張所

このブログは、【竹本健治ファン倶楽部 <軟体動物同盟>】http://milleplateaux.fc2web.com/ のサプ・コンテンツです。
ホームページに加えて、ブログを追加したのは、竹本健治関係の情報をいち早くお伝えするためであり、もうひとつはホームページではまだ取り上げていないミステリの「黒い水脈」を浮き彫りにし、そのなかに竹本健治の作品を位置づける作業を行うためです。
ホームページの場合、経験上、更新の際のデータの送信や、サーバーの具合によって、手間取ることが多いようで、速報性や、新領域の実験にはそぐわないところがあります。
その面を、ブログで補い、時間をおいて、メイン・コンテンツであるホームページにも反映させていきたいというのが、このブログを開設した狙いです。
どうか、温かい眼で、末永く見守っていただけますよう心からお願いいたします。
スポンサーサイト

テーマ:ミステリ - ジャンル:小説・文学

このブログについて | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<竹本健治 年譜 | HOME |

この記事のコメント

竹本健治の「匣の中の失楽」と「ウロボロスの偽書」が好きです。ただ、残念なのは、物凄い傑作を思わせる前半部をもつ「ウロボロスの偽書」が後半は意味の錯乱した冗長な内容になってしまったことです。竹本健治さんは「ドグラ・マグラ」の骸骨の絵の意味を謎解けなかったように思えます。あれは、ネタバレすれば、おれの解釈では、あの物語を夢見ている胎児がすでに死んでいるという暗示なのです。うおっ、「ドグラ・マグラ」傑作。
2008-10-22 Wed 05:44 | URL | 記憶喪失した男 [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。